星系絶景

曽爾高原

そにこうげん

曽爾高原

曽爾高原(そにこうげん)は室生赤目青山国定公園第一種特別地域内にある高原。
高原の尾根づたいに歩くと曽爾高原はもとよりふもとの集落まで一望できる絶好のハイキングスポットです。

秋のススキが特に有名ではありますが、春(3月始め)には草木が芽を出す前に山焼きが行われ風景は一変します。
そして山焼きでできたススキの灰は夏から秋にかけての次のススキの成長のために循環します。
四季によって大きく様変わりする景色は何度でも楽しめる絶景スポットです。

春(山焼き後)

天体写真

天体写真は街灯などがない場所で撮影するのがベストですが、大阪からの光害の影響をかなり受けるためそもそも奈良盆地内は天体撮影には不向きです。
そこで大阪とは反対の三重方向に行けるだけ行った先にある「曽爾高原」は大阪の光害を受けにくく街灯もなく、なおかつ樹木など遮るものがあまりないため絶好の天体スポットです。
十津川~熊野古道まで行けばさらに素晴らしい撮影環境が揃いますが、中和幹線から曽爾高原へのルートは昔に比べトンネルが開通しているため橿原からほぼ一直線、1時間程度でたどり着けるのでお手軽です。

Photo by 松田裕次

住所

〒633-1202 奈良県宇陀郡曽爾村太良路

HPhttp://www.soni-kogen.com/

34.5182632 136.16085739999994

フィードバックフォームを開く

掲載されている情報に誤りがあればお手数ですがご一報ください。


送信ボタンを押す前に内容をご確認の上チェックを入れてください。

Copyright© シラベMAP奈良 , 2018 All Rights Reserved.