遺跡

益田岩船(橿原市)

ますだいわふね

益田岩船

明日香の巨石文化の不思議「益田岩船」

橿原市の南部の大きなニュータウンに突如として現れる標高130メートル。岩船山山頂の巨石建造物がこの「益田岩船(ますだいわふね)」。
とにかく大きくて長さが東西11メートル(身長180センチの人が6人)、南北で8メートル、高さ4.7メートルの台形の花崗岩で、重量が100トン以上。
ダイハツのタントが108台分あります。

「益田池の巨大な石碑の台石」「占星術のための天体観測台」「火葬墳墓」から、中には「ゾロアスター教の拝火壇だとか水の祭壇」など諸説あります。
そのうちUFOの基地説も出て来るかも知れませんが、まず古墳の横口式石槨(棺を入れる器)だと思われます。

とにかく大きくて山頂にあることから、昔から謎に包まれています。
私はこの遺跡の麓の小学校を卒業したので、岩船にはよく登っていました。

しかし勘違いも多くあります。
例えば山頂に巨石が配置されていると言いますが、僅か50年前はこの地は山の一角で、ニュータウン開発で山が削られた為、今の形となったので、元の姿とは違っていますし、またこの山自体、写真にあるように山中に巨石が埋もれている部分がありますので、この山自体が巨石を積み上げた場所なのかも知れません。
山が竹で覆われているのが謎と言うに至っては、昔は今のような竹藪などありませんでした。

でも、この巨石は凄く大きい。
そしてその石肌にはなにかの跡が残っています。
輸送用の縄溝なのか、それとも石仏を彫る下地だったのか。

上部の四角い空間は石槨だとは思いますが、問題はこの巨石がこの辺りに置かれていた、或いは積まれていた理由…。
まさに古代史の浪漫を感じる遺跡です。

住所

〒634-0051 奈良県橿原市白橿町8丁目20−1

34.4689279 135.7830326

フィードバックフォームを開く

掲載されている情報に誤りがあればお手数ですがご一報ください。


送信ボタンを押す前に内容をご確認の上チェックを入れてください。

Copyright© シラベMAP奈良 , 2018 All Rights Reserved.