先人の偉業

入江泰吉記念 奈良市写真美術館

いりえたいきちきねんならししゃしんびじゅつかん

入江泰吉記念 奈良市写真美術館

入江 泰吉(いりえ たいきち)は終戦以降、奈良大和路の風景や仏像、祭事などの写真を丹念に撮影し続けた写真家で、彼の写真には白黒の時代からカラーまでありますが、既にもう見ることができなくなった、古の香りの漂う奈良の原風景から、変わりゆく古都の営みまで写し残されています。
しかもそのうちの多くの写真は、地形まで変わる事がない風土の中で今でも辿ることができ、同じ場所を探して歩く「入江泰吉の眼差し巡礼」とでもいうべき楽しみ方をされている人も少なくありません。

そんな入江の写真を一堂に集めて展示しているのが、「入江泰吉奈良写真美術館」です。

志賀直哉など多くの文人墨客との交わりの中で、写真の技術だけではなく、奈良の地を観る検眼の深さにもきっと感動を覚えるはずです。

1992(平成4)年1月16日、享年86歳で死去されましたが、2015年には近くに「入江泰吉旧居」もオープンしています。
併せて御覧になられると、奈良の地の美しさを再認識されることと思います。

住所

〒630-8301 奈良市高畑町600-1

電話番号

0742-22-9811

FAX

0742-22-9722

休業日

月曜日(祝日の場合は最も近い平日)
祝日の翌日(祝日が平日の場合)
展示替え期間中
年末年始(12月27日?翌年1月3日)

営業時間

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※毎月第2・第4土曜日は、午後2時から展示担当者による作品解説があります。

料金

一般・・・500円
高校・大学生・・・200円(高校生のみ土曜日無料)
小・中学生・・・100円(土曜日無料)
奈良市在住の70歳以上の方・・・無料
障害者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方・・・無料

HPhttp://irietaikichi.jp/

34.675589 135.84542499999998

フィードバックフォームを開く

掲載されている情報に誤りがあればお手数ですがご一報ください。


送信ボタンを押す前に内容をご確認の上チェックを入れてください。

Copyright© シラベMAP奈良 , 2019 All Rights Reserved.